初めてのホットヨガ

ホットヨガの持ち物 服装は?何を持っていけばいいの?

更新日:

ホットヨガ 持ち物

ホットヨガってどんな服装でやるの?
何を持っていけばいいの?

ホットヨガが初めての方にとっては疑問だらけですよね。

そんな方のためにホットヨガに持っていくと便利なアイテムやおすすめのウェアなどを紹介しますね。

ホットヨガの持ち物 これを持っていくと便利!

  1. レッスンウェア
  2. 替えの下着
  3. シャワー用のバスタオル
  4. 汗拭き用フェイスタオル
  5. お水(1リットル以上)
  6. 汗で濡れたウェアやタオルを入れるビニール袋
  7. ヘアゴムやヘアバンド
  8. 化粧落とし・メイク道具

1. レッスンウェア

通常のヨガと違い、ホットヨガは高温多湿な室内でヨガを行います。

他のヨガではそれほど汗をかかないため、動きやすい点だけに注意さえしていればどんなウェアでも大丈夫ですよ。

スリアやリアルストーンなど本格的なヨガウェアを買ってもいいですが、ユニクロでも十分です。

ユニクロでホットヨガ

ユニクロのエアリズムはサラサラしていて着心地がいいうえ、汗をかいてもムレにくいのでホットヨガにもオススメです。

私はこんな格好でレッスンを受けてます。

お気に入りのテジャスのレギンスにオムガールのタンクトップ。

レギンス付きパンツなのでヒップラインも気になりません。

中にはユニクロのエアリズムのブラトップを着てます。

ホットヨガでは汗を大量にかくので、常温ヨガよりも肌を露出したウェアの人が多いですね。

ユニクロのブラトップのようなものにショートパンツという方が多いです。

女性だけの店舗は比較的短いパンツを履いた方が多いような気がします。

2. 替えの下着

ホットヨガは下着が濡れてしまうほど汗をかきます。替えの下着は必須です。

替えの下着を忘れてしまうと、帰り道がキツイです(汗)

3. シャワー用のバスタオル

ホットヨガスタジオではレッスン後にシャワーを浴びられます。すっきり汗を落として帰りたい!という方はバスタオルが必要です。

荷物になるのが嫌という方はバスタオルのレンタルが便利です。

ただ、シャンプーや石鹸の使用は禁止されているので、近くに住んでいる人はそのままシャワーを浴びずに帰る場合が多いですね。

4. 汗拭き用のフェイスタオル

汗っかきな人もそうじゃない人もレッスン中に使うフェイスタオルは必須です。

タオルは、体や顔の汗だけでなく、汗で滑るときにヨガマットを拭く際にも使います。

5. お水

お水は1リットル以上用意していきましょう。水分を取らずにホットヨガをすると脱水症状を起こす恐れもあるので、レッスン中は水分補給が必須です。

もちろんミネラルウォーターの販売もしているので、忘れても心配いりませんよ。

6. 汗で濡れたウェアやタオルを入れるビニール袋

あるとかなり便利なのが汗で濡れたウェアやタオルを入れるビニール袋。

コンビニ袋でもビニール袋でもなんでも大丈夫です。

私はこのような消臭ランドリーバッグを持っていくようにしてます。

どんなに汗をかいたものを入れても匂わない優れものです。

入会したらこういうバッグを購入するのもいいですが、体験レッスンだけでしたらビニール袋で十分ですよ。

7. ヘアゴムやヘアバンド

ホットヨガでは、髪の毛を下ろしたままレッスンをすると、動きにくいうえ、汗で髪の毛が体に張り付いたりして、かなり悲惨なことになります。

ショートヘア以外の方はヘアゴムをひとつ持っていきましょう。

ヘアバンドやカチューシャも便利ですよ。

8. メイク落とし・化粧水など保湿ケアアイテム

ホットヨガは大量に汗をかくので、メイクを落としてからレッスンを受けたほうがいいです。ホットヨガスタジオでもノーメイクでのレッスンを推奨しています。

スタジオにはメイク落としや化粧水は置いてありますが、私はいつも使っているものがいいので、100均で買った小さいボトルに入れ替えて持っていくようにしています。

乳液やクリームなどは用意されてない場合がほとんどなので、レッスン後に保湿したい方は持って行ったほうがいいですよ。

なお、ホットヨガLAVAではタオルやウェアのレンタル・販売も行ってます。

仕事帰りや買い物先でふと思い立ったとき、手ぶらでホットヨガに行けるのは有難いですね。

-初めてのホットヨガ

Copyright© ホットヨガ口コミ体験ブログ【2017年度版】 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.